会社設立には評判のいい名古屋総合法律事務所などの専門家を頼ろう

離婚と問題

男の人

離婚後の住宅ローンの取り扱い

夫婦は離婚となった場合には共に築いてきた財産を分与する必要があります。現金など一発で簡単に分けることができるようなものであれば簡単ですが、不動産とくに住宅ローンが残されている不動産は厄介です。不動産を売却してそのお金で返済を行うのか、そのままどちらかの財産とするのかを考える必要があります。売却しても不動産の価値とローン残価を比べると残価のほうが上回るケースが多く、離婚後も妻がそのまま住み続け慰謝料や養育費の代わりに夫が住宅ローンを支払続けるという選択をする人が多くいます。専業主婦などで収入が今までなかった妻にとっては一番最良の方法に感じられます。夫側も慰謝料や養育費の免除、減額をすることができるので最良の選択肢としてこの方法をとる方が多いです。

妻が住み続けるという選択をする場合

離婚後も妻が住み続けて夫が住宅ローンの支払いを続ける場合、名義も支払い口座も変えることなく手続きが不要でできます。しかし一定のリスクもありますので対策をとる必要があります。まず銀行に離婚の事実を伝えると住宅ローンの残りの一括返済を求められる可能性があるということがあります。何も考えず離婚を伝えると一括返済を求めれることもありますので、よく考えて専門家などの意見を聞いて慎重に伝える必要があります。また夫が支払い続けるとして離婚したのに、再婚などの生活の変化で夫が支払いを怠るというリスクがあります。夫が返済を怠った場合、当然ですが妻に支払い義務が生じてきます。支払いできない場合には差押えということも考えられます。そこで離婚する時に住宅ローンの支払いに関する取り決めを公正証書などにまとめておくようにしたほうがいいです。